プロフィール


はじめまして。マルと言います。

このブログは、きれいで文学的な言葉や文学作品、近代文学の文豪関係と
読書環境(KINDLE)・今に関係する近代文学などについて
書いています。
たとえばゲームなどで文豪について知った人とかの足しとかになればいいかな、と。

どうぞよろしくお願いします!

と、ここからは自分語りになるので、さらっと気になった方だけ読んでいただければ。

私は文学部出身です。
たぶん本好きで、それと作品を読んで解釈を考えるのが好きでした。
作家の生活とかに絡めない作品論って、クイズみたいで楽しくないですか!?
なんで作家がこの作品を書いたかを作品自体から考えるなんて、謎解きですよ。謎解き!
(…答えはないけど)
とまぁ、そこは熱くなる部分もまだあるんですが…

そういう私がビクビクするのが、
自分は文豪の有名な作品すらほとんど読んでいない
ということでした。

自分が大学でレポートを書いた作品についてはかなり読み込んでいたと思うんですが、それ以外の作家については、あまり読んでいませんでした。
でも自分は文学部です。たぶん読んでいて当然と思われる作品があります。

例えば、伊豆に行きます。伊豆といったら『伊豆の踊子』。
(文学部なのに『伊豆の踊子』読んでないの?って言われるかも…)とビクビク。
寒いところに行きます。トンネルを抜けたらそこは…
(文学部なのに、『雪国』の話題を振られて答えられなかったらどうしよう)とビクビク。
美術館に行きます。ここも危険です。いきなり現れます。
(あぁ、『高野聖』…。読んでない…)

文学部は意外と劣等感を感じるところが多いです。
そんな劣等感もあり、自分がこれ以上文学やるなんてなぁ…という気持ちでした。

ただ、今になるともう少しやってたらどうだったのかな、と思うところもあるんですよね。
ビクビクしてなかったら、もう少し文学の勉強続けてたのかな、と。

だから、このブログは、そういう文学に対するビクビクをなくすことができるものにしたいな、
と思いながら始めました。
あと、どこかで近代文学に興味を持った人が楽しく読めるものにできたらいいな、と。

そんな感じです!
ここまで読んでいただきありがとうございました。よろしくお願いします。

ちなみに卒論は太宰治の『道化の華』『狂言の神』『虚構の春』です。